Vietnam Internship

 

 01/VIETNAMってこんなところ

 バイク・フォー・アオザイ・親日・暑い・・・など、

  皆さんは『ベトナム』という国に

 どんなイメージを持っていますか?

 経済発展著しい、

 東南アジアの親日国『ベトナム』の魅力について

 お伝えします。

 ≪基本情報≫

 正式名称 ベトナム社会主義共和国

  (Socialist Republic of Viet Nam)

 国土 33万1210 km²

  (日本の九州を省いた面積)

 日本(東京)から約3,600Km

  (飛行機で約6時間)

 日本との時差2時間

 人口約9,500万人

 平均年齢 30歳

 仏教国

 

 ベトナムには

 3つの大きな都市があり、

 北部・首都ハノイは文化・政治のまち、

 中部・ダナンは近年リゾート地として注目を浴びており、

 南部・ホーチミンシティは国内最大の商業都市です。

 地形は南北に細長く、

  3都市の文化・気候・言葉等

 それぞれ異なる部分があり、

 都市により様々なベトナムの顔を

 見ることができます。

 現在のベトナムを語る上で

 最も重要なことは「経済成長」の著しさです。

 経済成長率(GDP成長率)は

 ここ数年平均で6%を超えており、

 1億人近い豊富な人口と、

 平均年齢の若さがこの数字を支えています。

 ベトナムは社会主義国家でありながら

 資本主義経済を取り入れ、

 日系企業含む外資系企業を多く受け入れていることも

 高い経済成長率を支える1つの要因です。

 そんなベトナムの1番の魅力は、

 東南アジアらしい雑多な活気のある街並みと、

 近代化された風景を

 同時に見られるところです!

 バイクがたくさん走っており、

 路上で果物を売っている、

 ローカルマーケットで所狭しと並んだ食べ物を買う人たち、

 それと同時に

 都市開発・経済発展が進み、

 外資系ホテルや高層ビル、分譲マンション、大型商業施設も

 多く建設されています。

春巻き
publicdomainq-0002914bge.jpg
IMG_0400.jpg
コーヒー

 02/なぜVIETNAMでインターンシップ?!

 ではそんなベトナムで

 なぜインターンシップをするのか?!

 理由は大きく3つあります!!

 ①やる気次第で幅広い業務が可能

 ②就職活動で企業に

  興味を持ってもらえる

​ ③働きやすい環境で

  安心して

​  インターンシップができる

 ①やる気次第で幅広い業務が可能

  皆さんのインターンシップ先は、

  日系企業

  ベトナム系企業

  欧米系企業等

  さまざまです。

  その中でも特に、

  近年急増している日系企業への

  インターンシップが多くなります。

  日系企業であってもオフィスの中で

  日本人スタッフは1割程度(数人)で、

  その他多くのベトナム人スタッフと

  一緒に働きます。

  ベトナム人スタッフの中には

  日本語話者、英語話者がおり、

  優しく世話好きなベトナム人スタッフが

  皆さんに親切に業務を教えてくれます。

  オフィス内に日本人スタッフが少なく、

  頻繁な出張・外出で不在なため、

  インターンシップ生として勤務する皆さんに

  任せてもらえる業務は多くあります。

  自分のやってみたいことやできそうなことはもちろん、

  苦手なこともまずはやってみるという積極性があれば

  裁量の大きな業務や数多くのタスクを

  任せてもらえることもあります。

 ②就職活動で企業に興味を持ってもらえる

  前述の通り、多くの日系企業がすでにベトナムに進出しています。

  また、豊富な労働力・物価の安さ・外資企業の誘致施策等により、

  これからベトナムへ進出したい企業もたくさんあります。

  日系企業のベトナム進出ブームの中、

  「私、ベトナムで1か月間インターンシップをしてきました!」

  と話すと、

  多くの企業が「おっ!」と興味を持ってくれるはずです。

  そこで1か月間どのように、どんなことを意識して、

  一生懸命インターンシップしたかを話すと、

  企業は好印象を持つこと間違いなし!

 【ベトナムに進出している日系企業】

  拠点数

  2017年 1,816
  2016年 1,687
  2015年 1,578
  2014年 1,452
  2013年 1,309
  2012年 1,211
      ~
  2007年 820

  ★ASEANの中では増加率トップ!!

   (2015~2017年)

 ③働きやすい環境で安心してインターンシップができる

  インターンシップ先により、

  言語環境・通勤距離・オフィスの様子などはさまざまです。

  言語環境は日本語または英語、

  どちらをメインに使いたいかを

  日本でのマッチング面談にて丁寧にカウンセリングします。

  ベトナム語が話せないからちょっと・・・

  と思う必要はありません。

  外資系企業に勤務するベトナム人のほとんどは、

  ベトナム語の他に日本語または英語を話すことができます。

  どちらも流ちょうに話せるスーパーベトナム人もいます!!

  ベトナム語力は問いませんが、

  「ベトナムで働く」上で挨拶や簡単なベトナム語を覚えていくと

  スムーズにオフィスになじめること間違いなしです。

  滞在ホテルから企業まではタクシーで通勤します。

  ベトナムのタクシーは

  初乗り約55円(11,000VND)~という破格の安さで、

  台数も多く、アプリで配車可能なタクシーもあり大変便利です。

  

  オフィスでは原則ビジネスカジュアルの服装で勤務します。

  ※企業により異なりますが、リクルートスーツの必要はありません。

  ほとんどの企業でwifi環境が整っており、

  企業以外でもデパートやカフェ、レストラン等、

  いたるところでfreewifiの使用が可能です。

  

  また、インターンシップ中のランチは

  職場の皆さんを誘ってみてください。

  近くに食堂やレストランがある企業では

  みんなで食事に出かけます。

  なければ全員でお弁当を頼み、配達してもらう職場もあります。

 

  1か月間ベトナム文化・風習を肌で感じながら満喫してください!!

  

office_190319_0015.jpg
IMG_3097.jpg
モダンなインテリアデザイン
自分のコンピュータに入力する学生
創造的な仕事
IMG_0343.JPG
IMG_3920.jpg

 03/Vietnamインターンシップでできること

 

 次にベトナムへ行って具体的にどんなことができるのか、

 を紹介します。

 皆さんが初日にインターンシップ先に行って、

 いきなりたくさんの業務はできません。

 ”新入社員”と同じように、

 まずはシンプルタスクから始めていきます。

 例えば、

 コピー取りやオフィスの片付け、

 お客様を案内しお茶を出す、

 簡単な書類を作成してみる等

 基本的な業務からまずはやってみてください。

 このような業務をしっかりできた上で、

 自分のやりたいことやインターンシップ目的に沿った要望、

 生かせるスキル等があれば積極的に提案してみてください。

 「お手伝いできることはありますか?」

 「何か仕事やらせてもらえますか?」

 「こんな仕事(調査など)がやってみたいのですがチャンスはありますか?」

​ など、自分で仕事を取りに行く!そんなスタンスで臨んでください。

 

  今まで先輩学生が行った

  業務内容の一部を紹介します。

  ≪先輩学生の業務内容≫

 例1)ある不動産企業での業務

   ・電話応対

   ・コピー取り

   ・営業先日系企業リスト作成

   ・電話、メールでのアポイント取り

    ※1ヵ月間で400件以上実施した例あり

   ・アポイント取得した会社への営業同行

    ※1か月間で40件以上営業した例あり

   ・営業資料作成

   ・物件の内見同行

   ・物件下見

 例2)あるIT企業での業務

   ・書類整理

   ・毎日15:00のラジオ体操

   ・来客対応(案内・お茶出し)

   ・ベトナム人スタッフのマネジメント

    (勤怠管理・モチベーション向上・進捗管理)

    ※日本人上司との橋渡し役

   ・社内イベント、懇親会の企画、運営

   ・企業プロフィール作成

   ・商品紹介作成

   ・facebook、Blogの更新

    ※実際に掲載された例多数あり

   ・競合調査、市場調査

 例3)ある旅行会社での業務

   ・オフィスの掃除

   ・整理整頓リーダー

   ・日本人観光客ツアー同行

   ・日本人向けベトナム観光ツアー企画書提出

    ※商品化された例あり

   ・得意先企業との会食

   ・観光地視察

   ・滞在・訪問予定のホテル、レストランとの交渉

   ・見積書、請求書発行等事務作業

  ≪番外編≫

  ・ハノイへの2泊3日出張(イベントサポート)

  ・ベトナム人社員への日本語教育

  ・活躍するビジネスパーソンへのインタビュー

  ・現地大学での若者ニーズ調査(アンケート調査)

  その他、土日には近隣の観光スポット訪問や

  ショッピング、おしゃれカフェめぐりなど休日も楽しめます!!

  

  ≪休日の過ごし方例≫

  ・ベトナムローカル料理を満喫

  ・タピオカミルクティーカフェめぐり

  ・日本食レストランでゆっくり食事

  ・フレンチなどちょっと豪華なランチを堪能

  ・アフタヌーンティーで優雅な午後

  ・おしゃれな洋服探し!ショッピング

  ・お土産探し!市場で買いまくる

  ・疲れた体をリフレッシュ!ゆったりマッサージ

  ・ちょっと足をのばして

   クチトンネルやメコン川クルーズ

 

 04/イチオシ! 3 Points!

 

 LCEベトナムインターンシップのイチオシ3つのポイントです!!

 ①学生フォーラム

  皆さんと同年代のベトナム人学生と交流します。

  全く違う環境(文化・歴史・風習等)で育った、

  同年代の学生と夢・目標について語り合ってください!

  今まで想像しなかったような

  アイディアや将来に対する考え方、目標のための行動、、、

  違いを実感することで自分の将来について考える

  大きなきっかけになるはずです。

  ここで友人を見つけ、滞在中はもちろん、

  日本へ帰国後も続く一生の絆を作ってください。

 ②キャリアフォーラム

  ベトナムで活躍する若手ビジネスパーソンとの座談会を実施します。

  今現在、実際に海外で働くビジネスパーソンに

  なんでも質問できるチャンス!

  とても近い距離で、

  1人ひとりのサクセスストーリーを聞くことができます。

  きっと自分の目標となるビジネスパーソンと出会えるはずです!

 ③振り返り&次週目標設定会(週1回)

  週に1回、渡航中のインターンシップ生全員でミーティングを行います。

  1週間の自分を振り返り発表するとともに、

  お互いの課題や反省、悩み事を共有します。

  自分一人で悩むのではなく、

  同じ課題を持った仲間と共に1つずつ壁を越えていきましょう。

  また、翌週の具体的な行動目標を宣言することで、

  妥協せず業務に取り組むことができます。

  学生同士で解決できないことは、

  現地スタッフがしっかりとアドバイスをします。

  過去には、

  ふがいなさや焦り、達成できた喜び等さまざまな感情があふれ、

  泣き出してしまうことも。 

 05/Vietnamインターンシップ後の自分

 

 ベトナムインターンシップに行く!!と決めたら、

 インターンシップを終えた1か月後の自分を想像してみてください。

 しっかりと細かく、具体的に

 自分の目標・なりたい姿を設定することがとても大切です。

​ 

 なんとなく変わっていたい、、、ではなく

 こんな風に変わりたい、

 これができるようになりたい、

 こんな自分になりたいと貪欲に考えてみてください。

 そして、

 そんな自分にどうすればなれるのかを本気で考え、

 即行動する!!

 1ヵ月でなりたい自分になるためには

 このようなプロセスが必要です。

 ≪想定される身につく力(例)≫

 ・一歩踏み出す力

 ・考え抜く力

 ・チームで働く力

 ・異文化を理解する力

 ・チャレンジ力

 ・柔軟に対応する力

 ・忍耐力

 ・日本人力

 

06/研修概要

​ 研修日程:毎年8~9月・2~3月 開催予定

     (詳細はお問合せください)

 研修日数:30日間

 研修開催地:ベトナム(ホーチミンシティ)

 参加費用:詳細お問合せください。

 ※所属する学校機関によっては奨学金が出ることがあります。

 参加資格:特にありません。

 ※所属する学校機関によっては

  学校を窓口に募集していることがあります。

​  お気軽にお問い合わせください。

 

 

07/Vietnamインターンシップ紹介動画

 ◆ベトナムの様子をご紹介

 

 

 

 

 

 

 ◆現地でサポートをしてくれる日本人スタッフたちをご紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆実際のインターン現場に潜入!

変化する